FC2ブログ

M氏とZ1R

単車乗りです

朝駆け

やっとこさ戻って来たZ1R 
手直し箇所の確認の意味を含め朝駆けへ 

支度を済ませ、いつものコースへGO! 
支度をするだけで一汗かいちゃいますね(笑) 


走り出して先ずカウルの振れ具合は問題ないレベルだ 
ミラーのグラつきもOK 
この辺は大丈夫の様だ 


郊外に抜け、スロットル開度を大きめにそしてバンクも深めて行く 
少々ギャップがあってもカウルは大丈夫 
カウルとミラーは完治とみて良いですね 


そこそこペースで走って自販機横で小休止 
雲行きが怪しいけど、雨雲レーダーでは大丈夫の様だ 

IMGP3057.jpg



一息入れて帰路へ 
この時の再始動では油圧警告灯は点灯しない 
お! 大丈夫かな??? 


帰りは行きよりペースは更に上げてみる 
車体の挙動もOKだ 
イイ感じかな 

で、ソコソコ攻めれるSSセクション 
今日は9000rpmまで回してみた 
パワー感はマズマズかな 
べた寝かせからの切り替えしも意外と素直 
まぁ上を観たらキリがありませんけどね この手のバイクなら及第点はつけられる 
そこそこ攻めて小休止 
ジジイなんで体力と集中力が続きません(笑) 

20170717_072048.jpg



さて 問題の再始動 

油温計は約94℃ エンジンスタート!

ありゃ 消灯しない

エンジンが掛かれば直ぐに警告灯は消灯するのが普通なんだが、前回と同様で消灯しない
ブリッピングでちょっと回転を上げてみるが同じ 点灯したまま 
そのまま走り出し、1~2分後に消灯でした 
ある意味予想通りだっかかもね 
バイク屋が処置した内容で、根本的に解決に繋がるものはないな と思ってたら 案の定でした


帰りに景色の良いパーキングに寄り道 
ここからの景色は私のお気に入りです 

20170717_075549_HDR.jpg



ここでのエンジン再始動でも同じく警告灯が点灯 
どうやら再始動時に油温が90℃以上あると警告灯が点灯するみたい 
う~ん... 
参ったな 

コレで壊れなきゃいいんだけどね 

因みにオイルはパノリンのストリート向けのシンセティックオイル15W-50が入っているそうだ 
そんなに悪いオイルではないしね 

さて どうするべきか....

オイルポンプの交換しか選択肢はないかな??
それともこのままでも大丈夫なのか????



 







関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment